Hi-Target Hi-survey

Hi-Target

RTKコントロールソフトウェア Hi-Survey

Hi-Target社のGNSS受信機(V100、V90plus、iRTK5x)には、標準でデータコレクタ用ソフトウェアHi-surveyが付属します。
Hi-surveyは、GNSS 受信機で RTK 測位をするための汎用性の高いコントロールソフトウェアです。 Android 4以上の端末で動作し、固定局・移動局の設定と観測をトータルで行います。 測位データの収集から、 測設・路線測量まで必要な機能を網羅しています。

当社ブログに、機能紹介と使用例を逐次公開しています。こちら から掲載記事の一覧を確認できます。

特徴

  • Android (Ver.4.0.3以上)動作
  • RTK/PPK/スタティック観測設定
  • 多彩な観測機能
  • ポイント測設、ライン測設、路線機能
  • チルト測量対応(V90plus使用時)
  • DXFデータ、Googleマップを背景に使用可
  • 観測機能

    一般的な1エポック観測・平均観測(デフォルト10エポック)の他、一定時間毎および一定距離毎に自動的に観測を行う自動観測機能があります。

    観測画面の背景に、Googleマップ・DXF図面などを表示させることもできます。

    Hi-Target

    測設(逆打ち)機能

    手入力・SIMA・CSV等でインポートした座標を測設します。ライン測設機能では、定義した要素(直線・クロソイドなど)を基に、中心杭および幅杭を測設します。

    コントローラ内臓の磁気センサにより、コントローラの方向に合わせてマップが回転します。

    AR測設ではコントローラのカメラを利用して、現況の風景の上に測設点までの方向や距離を表示させることができます。

    Hi-Target

    CAD機能

    観測した点を繋げて、ポリラインやポリゴンを作成することができます。作成した要素は、DXF・KML等のCAD・GISデータとしてエクスポートできます。

    背景にCAD図面を表示させている場合、線分の単点・交点やポリラインの節点などを指定して測設することができます。

    Hi-Target

    路線機能・横断面観測

    中心線・縦断面・横断面の定義を要素入力もしくはLandXMLでインポートして、中心杭・幅杭を測設します。

    定義した縦断面・横断面と現況高度との差をリアルタイムで確認できます。

    横断面観測では、定義している中心線と交差する横断面に誘導し、横断面上の座標を観測することができます。

    Hi-Target

    TINデータの取り扱い

    LandXML等のTINデータをインポートして表面を定義できます。定義した表面と、現況の高度との差をリアルタイムで確認することができます。

    現況の高度や、複数点を観測して形成させた表面データを、定義した表面データと比較することで、土量を算出することができます。

    Hi-Target

    操作ガイド(簡易版)

    資料ダウンロードサイトで必要事項を入力してください。

    連絡先

    株式会社小泉測機製作所
    新潟県長岡市平島1-112
    TEL : 0258-22-0091
    FAX : 0258-22-0093
    メールはこちらから。